UQ Mobile(ユーキューモバイル) 格安SIM、格安スマホ企業一覧

【初心者でも簡単】UQモバイル契約の流れを画像付きで解説

更新日:

このページではUQモバイルの契約の流れと手順をご紹介します。

UQモバイルはオンライン申込みを利用することで5分ほどで契約できてしまうのでとても簡単ですよ♪

今回は格安SIM、格安スマホが初めての方でもわかりやすいように画像付きで解説いたします。

MNP(電話番号の引き継ぎ)を検討している方はまずはこちらの記事をご覧ください。

キャリア別MNP(電話番号引き継ぎ)の手順

今回は、docomo(ドコモ)、SoftBank(ソフトバンク)、au(エーユー)からのMNP(電話番号の引き継ぎ)に関しての解説をします。 大手キャリアから格安スマホ、格安SIMへの乗り換えを検討を ...

続きを見る

 

 

UQモバイルの契約はどこでするのがおすすめ?時間はどのくらいかかる?

UQモバイルの手続きは店舗またはオンラインで契約することができます。

大手キャリアと同様に店舗で申込みの場合、待ち時間が何時間もかかることがあるのでオンラインでの手続きがおすすめです。

注文完了から最短で翌日には到着します♪

またMNPによる電話不通の時間については上記で紹介したこちらの記事よりご確認ください。

 

UQモバイルの契約に必要なもの

UQモバイルの契約に必要なものその1【クレジットカード】

UQモバイルの申込みにはクレジットカードが必ず必要になります。

クレジットカード以外の契約はできないのでご注意ください。

 

UQモバイルの契約に必要なものその2【身分証明書】

UQモバイルを契約するためには本人確認書類が必要になります。

有効な確認書類は「運転免許証」「パスポート」「身体障害者手帳または療育手帳または精神障がい者保健福祉手帳」「特別永住者証明書」のいずれが1点です。

「在留カード」「健康保険証」の場合は別途「補助書類」が必要になります。

いずれの場合も住所の記載があり、有効期限内の書類以外は無効になってしまうのでご注意ください。

 

利用者と契約者と違う場合に必要なもの(配偶者や未成年者が利用する場合など)

利用者が未成年の場合、「上記に書いた契約者の書類」に加え、「家族である証明書」が必要になります。

確認に必要な書類は「戸籍謄本」「住民票」「同姓のパートナーシップを証明する書類」の1点が必要になります。

「戸籍謄本」と「住民票」の場合は発行から3ヶ月以内のものに限り有効です。また、住民票の場合は「続柄記載」があるもののみ利用可能なので取得する際はご注意ください。

「同姓のパートナーシップを証明する書類」の場合は地方自治体等で発行されるパートナーシップ関係が証明できる公的証明書が必要になります。

以下、2017年3月16日現在、「同姓のパートナーシップを証明する書類」が発行できる自治体になります。

東京都渋谷区

東京都世田谷区

三重県伊賀市

兵庫県宝塚市

沖縄県那覇市

 

「健康保険証」、「在留カード」でUQモバイルの契約申請をする場合に必要な補助書類

「健康保険証」「在留カード」で契約の申請をする場合には補助書類が必要になります。

補助書類として申請可能な書類は「公共料金領収書」「住民票」「届出避難場所証明書」「行政機関発行の領収書」のいずれか1点が必要になります。

いずれの書類も発行日より3ヶ月以内のもので、現住所・氏名が記載されているものでなければ無効になってしまうのでご注意ください。

 

UQモバイルを契約する前の疑問や注意点

契約した端末の配送料はかかるの?

UQモバイルを新規で契約の場合は配送料は無料です。

もちろん、MNP(モバイルナンバーポータビリティ)を利用した電話番号引き継ぎの場合も無料で契約できますよ♪

 

UQモバイルは未成年でも契約できる?

UQモバイルは期間限定の『UQ学割』のキャンペーンもやっているので未成年の方でも利用することが出来ます。

しかし契約自体は未成年者では出来ないので保護者の方の名義で契約することになります。

 

UQモバイルは契約した住所以外で受取ることができる?

UQモバイルは契約した住所以外で端末を受取ることは出来ないのでご注意ください。

もし引っ越し前に契約をする場合は転居の手続きを済ませるか、引っ越し先で荷物を受け取れるようにしておきましょう。

 

UQモバイルを契約した月の料金は日割りになるの?

UQモバイルを契約した場合、契約した月の料金はちゃんと日割りになりますのでご安心ください。

例えば、30日や31日など月末に契約をしたとしても丸々1ヶ月分の料金がかかることはありません。

 

UQモバイル契約の手続きと流れ

UQ Mobile(UQモバイル)オンラインサイトへアクセスする

準備ができたらUQモバイルのオンラインサイトへアクセスします。

UQモバイルの公式サイトはモバイルルーターのUQWimaxと一緒になっているので迷わなないように注意しましょう。

オンラインショップにアクセスしたらUQ WimaxではなくUQ Mobileになっていることを確認してください。

さらに今なら『HUAWEI P9 lite PREMIUM』など、実質端末代金が100円で利用できるスマホが3,000円の商品券プレゼントキャンペーン中です!

端末代金負担がある端末の場合でも最大10,000円引きにセールなります。

こちらから申込むだけでキャンペーン適用になるので手続きなどは不要です♪

 

 

UQモバイルで契約する端末の選択

申込みページに飛んだら、下のほうへスクロールしていくとスマートフォンの一覧がでるのでお好きな端末を選択して「新規お申込みはこちら」をクリックして下さい。

もし料金を抑えて使いたい場合は「P9 lite PREMIUM」、ハイスペックな端末が欲しい場合は「Zen Fone3」がコスパが良くおすすめです♪

ちなみにZenFone3は私も使用しています。

 

UQモバイルで契約するプランやオプションの選択

スマホを選択し終わったら次は以下の項目にチェックを入れていきます。

全てを選択し終えたら項目の最後に明細が表示されるので確認してから『購入手続きへ』をクリックして先に進みます。

 

端末のカラー

契約方法

MNP(電話番号移行)を利用する場合は間違えないように注意してください。

購入方法

端末を分割払いにできる「端末購入アシスト」を利用することができます。

「端末購入アシスト」は通常の分割払いと違い利子などはつきませんので「一括払い」の場合と最終的な支払い総額は変わりません。

料金プラン

5分以内の国内通話が無料の「おしゃべりプラン」か、月々決められた無料通話時間がついてくる「ぴったりプラン」を選択します。

S、M、Lの違いは月々のデータ容量の差で「おしゃべりプラン」と「ぴったりプラン」どちらも共通になります。

オプションサービス

 

オプションの「端末保証サービス」は契約時にしか申込むことができないので注意してください。

ここで選択するのを忘れてしまうと端末が故障したときに保証が受けられず実費での修理になってしまいます。

アクセサリーオプション

契約時に申込むと無線で飛ばせる『APlayイヤホン』(通常価格6,800円)が3,000円で購入できます。

イヤホンは端末についていることがほとんどなので、不要な方は『申し込まない』を選択してください。

ご利用者の年齢確認

契約先

沖縄県にお住まいの方は『UQmobile沖縄』を、それ以外の方は『UQCommunications』を選択してください。

 

UQモバイル契約条件の確認

契約条件の確認画面になったら今一度契約条件を確認します。

確認が終わったら、『約款・利用規約』『重要説明事項』を確認後、画像の矢印の箇所へチェックをいれ『同意する』を選択した後『次へ』をクリックします。

 

MNPで契約する場合

MNPで契約する場合はここで『MNP予約番号』を入力する画面になります。

契約しているキャリアから受け取った『MNP予約番号』と『有効期限』をここで入力してください。

新規で契約する方の場合はこの画面は表示されません。

 

申込み情報入力

ここで住所、氏名やクレジットカードの情報を入力します。

『契約書面交付方法』の交付方法の箇所にある『電子書面での交付』というのはメールのことで、『紙での書面交付』の場合は郵送で契約書類が送られてきます。

電子書面の交付と言われると少しわかりにくいですね(汗)

全てを選択したら次へをクリックします。

 

申込みの最終確認

最後にもう一度情報に誤りがないか確認します。

この時点ではまだ申込みが完了していないので内容が確認できたら申込みを完了させます。

『お申込み完了』の画面が出たら申込みは完了となります。

 

UQモバイル申込み完了後

お疲れ様でした。

これで申込みの手続きは完了になりますので後は商品が届くのを待ちましょう♪

 

もっと詳しくUQモバイルについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ♪

UQ Mobile(UQモバイル)徹底解説超まとめ

このページはUQモバイル(ユーキューモバイル)についての解説まとめページになります。   UQモバイルのメリットやデメリット、サービスの特徴や料金プラン、UQモバイルを最大限お得に利用するた ...

続きを見る

得スマっ!おすすめ格安スマホランキング!

国内に無数にある格安スマホ業者の中から『信頼性料金品質』全てにおいてバランスが良い得スマっ!厳選のオススメ格安SIMランキングです!音声プランが050のIP電話ではなく、090/080の音声通話の利用ができるものだけを選びましたので、初心者の方でも安心してご利用できます!

 

第1位 Y!Mobile

音声通話付きの格安スマホでオススメなのがソフトバンクグループのY!Mobileです!

初めて格安スマホを利用する初心者の方にも、私が自信を持ってオススメできる会社です!

今ならオンラインからの申込で最大20,000円のキャッシュバックが付いてきますよー!

ただし、ソフトバンクの方はキャンペーン適用外なので、ソフトバンクからの乗り換えを検討している方には新規で申込むか別の格安スマホ会社の方が良いかもしれません(汗)

  • 音声通話付の料金プランは1,980円〜
  • 速度の中央値が下り43M、上り27Mと高速回線の利用が可能。
  • 090/080の音声通話10分以内の国内通話が回数無制限で利用可能。MNPもOK!
  • 1,000円のオプションでかけ放題も利用可能!(090/080のかけ放題が利用できる格安スマホはY!Mobileだけです!)
  • 今ならデータ容量2倍(2年間)1年間の使用料金1,000円割引合計12,000円
  • スマホプランSで10,000円スマホプランM,Lで20,000円のキャッシュバック付きです!
  • 学生なら家族2人目から月々更に500円引き1,480円(ワンシッパ)割引もあります!

第2位 UQモバイル

UQ Mobileのオススメポイントはネットの通常モードと高速モードの使い分けが出来ることです!

SNS,ネット閲覧、音楽くらいなら『通常モード』送受信300Kデータ容量不使用(無制限)、動画やゲームを利用する場合『ターボモード』受信最大150M(2G〜)で利用できます。さらにターボモードの速度は格安SIMアワード2016の速度部門でFREETELを抑え1位を獲得しています。

個人的に特にオススメなのがSNS、ネット閲覧等の小さいデータ通信を頻繁に使用する方です。

現在、ぴったりプラン/たっぷりプランへ新規契約またはMNPで最大13ヶ月間、基本料金を1,000円割引のキャンペーン中です!

こちらはauの方は残念ながら対象外なのですが、ドコモ、ソフトバンクの方はオススメです!

  • 音声通話付の料金プランは1,980円〜
  • ターボモードでデータ通信のモードが切替可能!(速度300K・使い放題↔速度150M・2G〜)
  • 現在データ容量2倍のキャンペーン中です。
  • 4G LTE 800MHzプラチナバンド 人口カバー率99%なので繋がりやすさもバッチリです。
  • RBB TODAY 格安SIMアワード2016 速度部門第1位!
  • 「家電批評」格安SIM部門 ベストバイ・オブ・ザ・イヤー2016受賞!

3位 LINE Mobile

LINEアプリを沢山利用する方におすすめなのがラインモバイルです!

ライン、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム利用時にデータ容量を消費せずに利用できるので、SNSを沢山利用する方にとってはとっても魅力がありますよ!最近のSNSは以前と違い、画像や動画等データもりもりになってきているので、ヘビーユーザーの方で通信制限にひっかかっちゃった人もいるんじゃないでしょうか。

また、音楽好きな方には月額960円のLINE MUSIC(ラインミュージック)を大幅に安く利用できるプランも用意されていますよ!(なんと最大約70%OFF!)

アップル、アマゾン、グーグル、AWA等音楽聴き放題サービスは沢山ありますが、そのほぼ全てが月額980円または960円なので月額300円はとてもお得です。ちなみにこのサービスもデータ容量を消費しないので端末にダウンロードしなくてもOKです!

3月末日までコミュニケーションプラン、ミュージックプランの加入で3ヶ月✕3Gの合計9G分のデータ容量プレゼントキャンペーン中です!

  • 音声通話付きのプランは1,110円〜。
  • LINE、Twitter、Instagram、Facebookの利用がデータ消費無しで利用可能!
  • 通常利用960円のLINE MUSIC(ラインミュージック)が最大で660円引き!使用料300円で2400万曲聴き放題!こちらもデータ消費無し!
  • 今ならデータ容量が3G*3ヶ月の合計9Gがついてくるキャンペーン中です!(LINEフリープランは適用外です)

-UQ Mobile(ユーキューモバイル), 格安SIM、格安スマホ企業一覧

Copyright© 得スマっ! , 2017 All Rights Reserved.