Y!Mobile(ワイモバイル) 用途に応じた格安スマホ

Y!Mobile(ワイモバイル)写メの画質が良い機種はコレ!

更新日:

ワイモバイルで発売されている端末でカメラの画質が良いものをお探しの方も多いかと思います。

一眼レフカメラなどを常に持ち歩いている方であれば、必要ないかもしれませんが、一般の人にとってスマホのカメラ性能というのはとても大事な要素の一つです。

最近では写真は全てスマホの写メで済ませているという方も多いですし、フェイスブックやツイッター、インスタグラムなどで自分の撮影した写メを観てもらえる機会も増えてきました。

旅行の思い出だったり子供の成長だったり、写真はその瞬間しか形に残せないものなので綺麗なカメラが欲しいものです。

女の子はスノーでいかに綺麗に盛れるかというのも大事な要素のひとつですよね♪

そこで今回はワイモバイルの中で写メを撮影するのに一番オススメなスマホをご紹介しますっ!

ワイモバイルの場合、用意されている端末はミドルレンジのものが多いです。

ミドルレンジといっても性能が低いなんてことはなく、性能と価格を比較したときのコスパはこの価格帯のものが一番優れています。

ハイエンドモデルを安い価格で利用した場合、格安スマホで一番料金が安く利用できるのはUQモバイルです。(ただし、auからのMNP(電話番号引き継ぎ)を考えている人には割引が適用されないのでおすすめできません。)

【STEP 1】UQモバイル契約のメリット・デメリット

UQ Mobile(UQモバイル)徹底解説超まとめ!『【STEP 1】UQモバイル契約のメリット・デメリット』 このページではUQMobile(ユーキューモバイル)のメリットとデメリットについてお話し ...

続きを見る

なのでワイモバイルの利用で「ハイエンドモデルが欲しい!」という方は端末を自前で用意することになりますのでその点はご注意ください。

 

 

 

ワイモバイルで売られている端末一覧

ワイモバイルで販売されている端末は日本メーカーのSHARP、京セラ、海外メーカーがHAUWEI、LG電子といったラインナップになっています。

京セラ 

Android S1

Android S2

DIGNO E(503KC)

DIGNO C(404KC)

 

SHARP 

507SH

AQUOS CRYSTAL Y2(403SH)

AQUOS Xx-Y(404SH)

AQUOS CRYSTAL Y(402SH)

 

HAUWEI

nexus6P

LUMIERE(503HW)

 

LG電子

Nexus 5

Nexus 5X

Nexus 6P

Spray(402 LG)

 

Apple

iPhone 5s

 

Y!Mobile(ワイモバイル)でおすすめの端末はコレ!

ワイモバイルでカメラ機能がおすすめの端末は以下のようになりました。

ランキングの詳しい理由は後述します。

1位 SHARP(507SH)

 

 

おすすめ1位はSHARP(507SH)です。

シャープはガラケーの時代から携帯カメラにとてもこだわりの強い会社です。

507SHは暗所への耐性が強く、薄暗い夕暮れ時などに強さを発揮します。

507SHの有効画素数はメインカメラ1,310万画素と全ての端末の中で最高の画素数となります。

フォトライト/フラッシュ両方に対応しています。

カラーはスモーキーブルー(画像の色)、ブラック、ホワイトの3色展開となります。

スマホパックS(端末代込みの価格)で月額3,480円〜利用できるのでコスパも抜群です!

 

 

2位 LG電子(Nexus 6P)

 

おすすめ2位はLG電子(Nexus 6P)です。

Nexus 6Pは通常のスマホより少し画面の大きい6インチサイズのスマホになります。

メインカメラの画素数は1,230万画素と507SHには僅かに劣りますが、インナーカメラの有効画素数が800万画素と飛び抜けて高いことが特徴です。

そのためスノーなどの自撮りにとても適したスマホになります。

Nexus 6Pはネクサスシリーズの中でも人気の端末で、現在アルミニウムのカラーは入荷未定となっています。(再販されないかもしれません…)

グラファイトというブラックの方のカラーはまだ在庫があるようなので検討されている方はお早めに。

こちらの端末も507SHと同様にスマホパックS(端末代込みの価格)で月額3,480円〜から利用できるのでとてもお買い得です。

 

3位 LG電子(Nexus 5X)

 

3位はLG電子の(Nexus 5X)です。

Nexus 5XはNexus 6Pよりやや小さい、通常のスマホサイズの5インチのモデルです。

Nexus 6Pと比較するとやはり6インチの端末と5インチの端末なので性能の差はありますが、『ネクサス史上最高のカメラ』という謳い文句のとおり、センサーが改良され通常のNexus 5と比較して暗所耐性が大幅に向上しています。

カラー展開はカーボン、クオーツ、アイスの3色になります。

サラッとした端末の質感も特徴的です。

またこのランキングの中では月額利用料金(端末代込み)が一番安く2,894円から利用できるのでコスパでみてもとても魅力的なスマホです。

 

 

綺麗な写メを撮るためにカメラに求められる機能

 

カメラの有効画素数

カメラのスペック欄にある有効画素数という項目ですが、これが画像の繊細さを表しています。

有効画素数が高ければ高いほど撮影した画像を拡大した時など、荒れが少なくなります。

画素数だけでカメラの性能が決まるわけではありませんが、やはり高画素のカメラで撮影したものの方が画像の荒れは少ないです。

解像度の数値が高い端末は以下の機種になります。

シャープのAndroid One端末の507SHや、その他のシャープ端末、京セラのAndroid S2が1,310万画素と一番高解像度となりました。

また、DIGNO E(503KC)、AQUOS CRYSTAL Y2、やSpray(402LG)などの端末は800万画素と一番低い結果となりました。

 

暗所耐性・ノイズ軽減

暗所耐性を売りにしている端末は507SH、アクオスシリーズ、Nexus 5X、Nexus 6Pとなります。

また、507SHは暗所撮影で発生するノイズの軽減機能もついています。

 

手ブレ防止機能

今回おすすめに載せた端末は、全て手ブレ機能がついていないものばかりですが、実は最新端末の方が手ブレ防止機能がついていないものが多いです。

例えばNexus 6Pより旧型のNexus 6には手ブレ補正機能がついていますが、新型のNexus6Pにはついていません。

また、シャープ製も同様に旧型のアクオスシリーズには手ブレ補正機能がついていますが新型の507SHの方には手ブレ補正機能がついていません。

これは新型の端末ではセンサーの性能があがったため、手ブレ自体が起きにくくなったためです。

 

サブカメラ

最近ではインカメラを利用したアプリ(LINEが運営するSNOW(スノー)やSnapchat(スナップチャット)など)がとても流行しています。

また、旅行先で家族や友だちと写メを撮る場合に、メインカメラではなくインカメラを使う方もかなり増えています。

そのため、サブカメラの性能が良いものを求める人も増えています。

基本的iPhone(アイフォン)などもふくめた全てのスマホにいえることですが、カメラ性能が高い端末はiPhone Plusなどの通常のスマホより一回り大きい端末になります。

カメラの性能を重視していてスマホの大きさに抵抗がない方であれば、6インチクラスの端末を選ぶのがベストです。

この比較対象の中でのおすすめはNexus 6Pとなります。

 

 

カメラ以外の要素

スマホの本体価格やコストパフォーマンス

端末の価格はその端末の性能や発売された時期などによって異なりますが、今回選んだ端末はそのあたりも考慮して選択しました。

たしかにワイモバイルのiPhone5sは実質端末代無料で使用できますが、カメラの性能と価格とのバランスで考えると、やはり他の端末に比べ見劣りしてしまいます。

とにかく安くしたいと言う方であればiPhone5sは端末代が無料で利用できるのでおすすめです。

またそれとは逆に、京セラのAndroid One S2などの最新の端末もおすすめしません。

やはり端末代金自体がとても高額なこともそうですが、この金額出すなら他に良い端末はいくらでもあるからです。

冒頭でも、ご説明しましたが格安スマホで最新の端末を利用したい場合はUQモバイルがおすすめです。

最新端末を利用するのであれば、UQモバイルより合計料金を安く利用できる格安SIM業者は無いです。

ちなみに今回選んだ端末は、コストと性能とのバランスがとても優れています。

 

スマホ自体の性能

今回選んだスマホは、

Android6.0世代以上

メモリROM16GB以上RAM2GB以上

CPUがヘキサコア(Nexus 5X) or オクタコア(507SH、Nexus 6P)

Androidの世代は数字が大きいものの方が新しく、メモリの数字は大きい方が高性能、CPUはデュアルコア、クアッドコア、ヘキサコア、オクタコアの順番に性能が高くなっています。

例えばAQUOS Xx-Y 404SHなどはメモリ(ROM32GB、RAM3GB)、オクタコアと一見高性能ですが、Android5.0と古いくせに端末代がありえないほど高く(約70,000円!)、実際評判も散々な端末なのでハッキリいっておすすめできません。(使っている方がいたらごめんなさい…)

また、他のDIGNOやアクオスシリーズは単純にスペックが低くコスパも悪いので同様におすすめしません。

 

まとめ

以上で『カメラ機能で選ぶワイモバイルおすすめの端末』となりますがいかがでしたでしょうか。

今回の記事をまとめると、

5インチサイズのスマホでカメラが良いものなら(507SH、nexus 5X)

とにかく安いものが良いならiPhone5s

最新端末を使うならUQ Mobile(ユーキューモバイル)

となります。

せっかく格安スマホを使うなら、安いだけでなく端末も納得できる良いものを使いたいですね♪

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました!

 

 

得スマっ!おすすめ格安スマホランキング!

国内に無数にある格安スマホ業者の中から『信頼性料金品質』全てにおいてバランスが良い得スマっ!厳選のオススメ格安SIMランキングです!音声プランが050のIP電話ではなく、090/080の音声通話の利用ができるものだけを選びましたので、初心者の方でも安心してご利用できます!

 

第1位 Y!Mobile

音声通話付きの格安スマホでオススメなのがソフトバンクグループのY!Mobileです!

初めて格安スマホを利用する初心者の方にも、私が自信を持ってオススメできる会社です!

今ならオンラインからの申込で最大20,000円のキャッシュバックが付いてきますよー!

ただし、ソフトバンクの方はキャンペーン適用外なので、ソフトバンクからの乗り換えを検討している方には新規で申込むか別の格安スマホ会社の方が良いかもしれません(汗)

  • 音声通話付の料金プランは1,980円〜
  • 速度の中央値が下り43M、上り27Mと高速回線の利用が可能。
  • 090/080の音声通話10分以内の国内通話が回数無制限で利用可能。MNPもOK!
  • 1,000円のオプションでかけ放題も利用可能!(090/080のかけ放題が利用できる格安スマホはY!Mobileだけです!)
  • 今ならデータ容量2倍(2年間)1年間の使用料金1,000円割引合計12,000円
  • スマホプランSで10,000円スマホプランM,Lで20,000円のキャッシュバック付きです!
  • 学生なら家族2人目から月々更に500円引き1,480円(ワンシッパ)割引もあります!

第2位 UQモバイル

UQ Mobileのオススメポイントはネットの通常モードと高速モードの使い分けが出来ることです!

SNS,ネット閲覧、音楽くらいなら『通常モード』送受信300Kデータ容量不使用(無制限)、動画やゲームを利用する場合『ターボモード』受信最大150M(2G〜)で利用できます。さらにターボモードの速度は格安SIMアワード2016の速度部門でFREETELを抑え1位を獲得しています。

個人的に特にオススメなのがSNS、ネット閲覧等の小さいデータ通信を頻繁に使用する方です。

現在、ぴったりプラン/たっぷりプランへ新規契約またはMNPで最大13ヶ月間、基本料金を1,000円割引のキャンペーン中です!

こちらはauの方は残念ながら対象外なのですが、ドコモ、ソフトバンクの方はオススメです!

  • 音声通話付の料金プランは1,980円〜
  • ターボモードでデータ通信のモードが切替可能!(速度300K・使い放題↔速度150M・2G〜)
  • 現在データ容量2倍のキャンペーン中です。
  • 4G LTE 800MHzプラチナバンド 人口カバー率99%なので繋がりやすさもバッチリです。
  • RBB TODAY 格安SIMアワード2016 速度部門第1位!
  • 「家電批評」格安SIM部門 ベストバイ・オブ・ザ・イヤー2016受賞!

3位 LINE Mobile

LINEアプリを沢山利用する方におすすめなのがラインモバイルです!

ライン、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム利用時にデータ容量を消費せずに利用できるので、SNSを沢山利用する方にとってはとっても魅力がありますよ!最近のSNSは以前と違い、画像や動画等データもりもりになってきているので、ヘビーユーザーの方で通信制限にひっかかっちゃった人もいるんじゃないでしょうか。

また、音楽好きな方には月額960円のLINE MUSIC(ラインミュージック)を大幅に安く利用できるプランも用意されていますよ!(なんと最大約70%OFF!)

アップル、アマゾン、グーグル、AWA等音楽聴き放題サービスは沢山ありますが、そのほぼ全てが月額980円または960円なので月額300円はとてもお得です。ちなみにこのサービスもデータ容量を消費しないので端末にダウンロードしなくてもOKです!

3月末日までコミュニケーションプラン、ミュージックプランの加入で3ヶ月✕3Gの合計9G分のデータ容量プレゼントキャンペーン中です!

  • 音声通話付きのプランは1,110円〜。
  • LINE、Twitter、Instagram、Facebookの利用がデータ消費無しで利用可能!
  • 通常利用960円のLINE MUSIC(ラインミュージック)が最大で660円引き!使用料300円で2400万曲聴き放題!こちらもデータ消費無し!
  • 今ならデータ容量が3G*3ヶ月の合計9Gがついてくるキャンペーン中です!(LINEフリープランは適用外です)

-Y!Mobile(ワイモバイル), 用途に応じた格安スマホ

Copyright© 得スマっ! , 2017 AllRights Reserved.