知識0から利用まで徹底サポート

格安スマホに必要なSIMカードの基礎知識

更新日:

最近テレビCMやチラシ広告等でよく見かける格安スマホ。

そんな安くお得に利用できるなら、格安スマホを利用してみたいという方も多いのではないでしょうか。

格安スマホを利用するために、必要となるのが『格安SIM』です。

携帯を安く使えるなら利用してみたいけど

「そもそも格安SIMのSIMって何?」

という方に向けてSIMに関する基礎知識をご説明します。

何やら複雑で難しそうと思っている方でもご安心を!

初心者の方にもわかりやすいように解説いたします。

 

格安SIMの『SIM(シム)』って?

画像 : SIMカード

SIMカードとはスマホやタブレット(iPhone、iPadやAndroid端末等)に入っているICカードのことです。

通常の音声通話

LINEやメール、調べ物をする時に使用するインターネット接続

SIMカードを利用することでこれらのことが可能になります。

一般的に『SIM』、または『SIMカード』と呼ばれています。

「こんなカード見たこと無い!」

という方もいらっしゃるかもしれませんが、通信事業者(docomo(ドコモ),SoftBank(ソフトバンク),au(エーユー)等)と契約済みのスマホやタブレットには必ずこのSIMカードが入っています。

 

何故SIMカードが必要なの?

SIMカードにはIMSIと呼ばれる識別番号(使用者の情報)や、MSISDN(いわゆる電話番号)等の情報が付与されており、

通信事業者はこの識別番号から契約者の情報(氏名、住所、契約プラン、通話時間等)を得ることができ、月々の電話料金の請求などを行っています。

 

SIMカードを利用することのメリットは?

SIMカードを利用することでユーザーには様々なメリットがあります。

iPhone(アイフォン)やAndroid(アンドロイド)などのスマートフォン本体と、SIMカードを分けることで別のスマホへ変更した時に情報をスムーズに移行させることができます。

さきほどお話したようにSIMカードには使用者の情報が記録されています。

端末はその情報を入れる容器と考えるとわかりやすいです。

これの何がメリットなのかというと、例えば、現在使用中の容器であるスマートフォンが故障してしまった時。

新しく購入した端末にSIMカードを挿し替えることで煩わしい手続きをすること無く、

  • 電話番号
  • キャリアのメールアドレス(〜@docomo.ne.jp、〜@softbank.ne.jp、〜@ezweb.ne.jp等)

などの情報を引き継ぐことができます。

また、SIMカードを挿したらすぐに使えるので、あっという間に使用環境を復旧させることが出来ます。

SIMカードは現在の通信業界の標準規格であり、違うメーカーの端末にも差し替えることができるというのも大きなメリットの一つです。

例えば、ドコモで契約したSIMカードをソニーのXperia(エクスペリア)で使っていたとします。

そのギャラクシーが故障してしまった場合、ドコモで購入したiPhoneに装着すればすぐに使えるようになります。

このようにソニーのエクスペリア、アップルのアイフォン、サムスンのギャラクシーなど、メーカーが違う端末であっても利用することができます。

 

SIMカードの種類と注意点

好きな端末にカードを装着後、すぐに利用が出来ることが魅力のSIMカードですが注意点もあります。

端末によって対応するSIMカードのサイズが違うことがある

SIMカードは年々小型化が進み、古い機種と新しい機種で対応するSIMカードのサイズが違うことがあります。

古いものから順番にminiSIM(ミニシム)、microSIM(マイクロシム)、nano SIM(ナノシム)と小さくなっていきます。

今使っている端末を格安SIMで再利用したい場合、その端末に対応するSIMカードがどのサイズなのか確認しましょう。

ちなみにiPhoneは5以降全てnanoSIMになります。

 

画像 : nuromobileの申込み画面

 

オンラインで契約する場合、端末とセットで購入する場合は気にする必要はありませんが、SIMカードのみの契約の場合はサイズを選択することになるので間違えないように気をつけましょう。

 

SIMカードの大きさが違うと交換出来ないの?

SIMカードの大きさを間違えてしまった場合や、過去に使っていたスマホで使いたい場合でもSIMカードの交換をすることで使用することができます。

契約している通信事業者にSIMカードのサイズ変更を申し込み、手数料を支払うことで交換してもらうことが出来ます。(おおよそ2,000円〜3,000円程です)

また、大きいSIMをカットして小さいサイズに変更するカッターや、小さいSIMにアダプターを装着して大きいカードスロットに装着出来るものも市販されています。

しかし、読み込みエラーや、挿したSIMが取り外せなくなったり等のトラブルも報告されているので初心者の方にはオススメできません。SIMの取扱に慣れてきたら緊急時の応急処置用として持っておくのは良いかと思います。

 

SIMカードで移せないデータは?

さきほどお話したように、SIMカードに記録されているのはユーザーに関する情報なので、それ以外のデータは記録されません。

画像や音楽、連絡先等のデータなどはSIMカードの差し替えでは移すことができないので注意しましょう。

万が一の故障や紛失に備え、日頃からパソコンやクラウドサービス(オンライン上にデータを保存するサービス)を利用してこまめにバックアップをとっておきましょう。

 

格安スマホに変えると電話番号も変わっちゃうの?

格安スマホに変更しても、大手キャリアと同じようにMNP(モバイルナンバーポタビリティー)にという電話番号引き継ぎの申込みをすることで、現在使用している電話番号のまま使用することができます。

MNPを利用するにあたって一点だけ注意点があります。

 

格安SIM事業者の中にはMNPに対応していない会社も存在するので契約前に該当するサービスがMNPに対応しているか事前に確認しておきましょう。基本的に090の電話番号を利用できる会社はMNPに対応しています。

 

今使ってるスマホを格安SIMで利用することは出来るの?

さきほどSIMカードは共通の規格なのでメーカーが違うスマホでも利用できるとお話しました。

しかし、日本のスマホは少し特殊でSIMをさしかえただけでは使用できない機種が存在します。

なぜかというと、今までの国内で販売されているスマホには他の通信事業者のSIMカードを使用出来ないようスマホ本体の方にロックをかけていたからです。

ニュースや新聞などでご存知の方もいらっしゃるかもしれませんがSIMロックと呼ばれるものです。

例えば同じiPhoneでもドコモで契約したものはドコモのSIMしか使用できず、ソフトバンクで契約したものはソフトバンクのSIMしか使用出来ませんでした。

そのため、現在使用中のスマホのまま他社に契約を変更したい場合、全く同じスマホを2台購入しなければなりませんでした。

 

この仕組みは消費者に対してメリットが無いことに加え、日本の通信インフラは不便だという海外の旅行者の声が数多く寄せられたこともあり、総務省が通信事業者にSIMロックを解除するように働きかけました。

 

我が国では、現在、携帯電話等の電気通信役務を提供する電気通信事業者が 販売する端末は、基本的に「SIM(Subscriber Identity Module)ロック」 と呼ばれる設定がなされ、当該端末を販売する事業者のネットワークを利用し ない事業者のSIMカードを差し込んで使用することができなくなっている。

SIMロック解除に関するガイドライン(H26.12改正)

(※2017年9月17日現在リンクが切れています。)

出典:総務省ホームページ

現在では法律も改正され、販売されている端末はSIMフリー化できるようになっています。

※法改正前のスマホに関してはSIMロックが解除できないものもあります。

また、SIMロックされたスマホでもドコモ、auのスマホの場合はおおよその格安SIMで利用することができます。

まとめ

以上、『初心者の方へむけたSIMカードの基礎知識』の解説となりますがいかがでしたでしょうか。

この解説が、格安SIM導入を検討している方のお役にたてたなら幸いです。

「ここがわからないんだけど…」

「こういう内容を説明して欲しい。」

といったご要望などがございましたら是非問い合わせフォームよりご連絡ください♪

それでは、最後までお読み頂きありがとうございましたっ!

得スマっ!おすすめ格安スマホランキング!

国内に無数にある格安スマホ業者の中から『信頼性料金品質』全てにおいてバランスが良い得スマっ!厳選のオススメ格安SIMランキングです!音声プランが050のIP電話ではなく、090/080の音声通話の利用ができるものだけを選びましたので、初心者の方でも安心してご利用できます!

 

第1位 Y!Mobile

音声通話付きの格安スマホでオススメなのがソフトバンクグループのY!Mobileです!

初めて格安スマホを利用する初心者の方にも、私が自信を持ってオススメできる会社です!

今ならオンラインからの申込で最大20,000円のキャッシュバックが付いてきますよー!

ただし、ソフトバンクの方はキャンペーン適用外なので、ソフトバンクからの乗り換えを検討している方には新規で申込むか別の格安スマホ会社の方が良いかもしれません(汗)

  • 音声通話付の料金プランは1,980円〜
  • 速度の中央値が下り43M、上り27Mと高速回線の利用が可能。
  • 090/080の音声通話10分以内の国内通話が回数無制限で利用可能。MNPもOK!
  • 1,000円のオプションでかけ放題も利用可能!(090/080のかけ放題が利用できる格安スマホはY!Mobileだけです!)
  • 今ならデータ容量2倍(2年間)1年間の使用料金1,000円割引合計12,000円
  • スマホプランSで10,000円スマホプランM,Lで20,000円のキャッシュバック付きです!
  • 学生なら家族2人目から月々更に500円引き1,480円(ワンシッパ)割引もあります!

第2位 UQモバイル

UQ Mobileのオススメポイントはネットの通常モードと高速モードの使い分けが出来ることです!

SNS,ネット閲覧、音楽くらいなら『通常モード』送受信300Kデータ容量不使用(無制限)、動画やゲームを利用する場合『ターボモード』受信最大150M(2G〜)で利用できます。さらにターボモードの速度は格安SIMアワード2016の速度部門でFREETELを抑え1位を獲得しています。

個人的に特にオススメなのがSNS、ネット閲覧等の小さいデータ通信を頻繁に使用する方です。

現在、ぴったりプラン/たっぷりプランへ新規契約またはMNPで最大13ヶ月間、基本料金を1,000円割引のキャンペーン中です!

こちらはauの方は残念ながら対象外なのですが、ドコモ、ソフトバンクの方はオススメです!

  • 音声通話付の料金プランは1,980円〜
  • ターボモードでデータ通信のモードが切替可能!(速度300K・使い放題↔速度150M・2G〜)
  • 現在データ容量2倍のキャンペーン中です。
  • 4G LTE 800MHzプラチナバンド 人口カバー率99%なので繋がりやすさもバッチリです。
  • RBB TODAY 格安SIMアワード2016 速度部門第1位!
  • 「家電批評」格安SIM部門 ベストバイ・オブ・ザ・イヤー2016受賞!

3位 LINE Mobile

LINEアプリを沢山利用する方におすすめなのがラインモバイルです!

ライン、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム利用時にデータ容量を消費せずに利用できるので、SNSを沢山利用する方にとってはとっても魅力がありますよ!最近のSNSは以前と違い、画像や動画等データもりもりになってきているので、ヘビーユーザーの方で通信制限にひっかかっちゃった人もいるんじゃないでしょうか。

また、音楽好きな方には月額960円のLINE MUSIC(ラインミュージック)を大幅に安く利用できるプランも用意されていますよ!(なんと最大約70%OFF!)

アップル、アマゾン、グーグル、AWA等音楽聴き放題サービスは沢山ありますが、そのほぼ全てが月額980円または960円なので月額300円はとてもお得です。ちなみにこのサービスもデータ容量を消費しないので端末にダウンロードしなくてもOKです!

3月末日までコミュニケーションプラン、ミュージックプランの加入で3ヶ月✕3Gの合計9G分のデータ容量プレゼントキャンペーン中です!

  • 音声通話付きのプランは1,110円〜。
  • LINE、Twitter、Instagram、Facebookの利用がデータ消費無しで利用可能!
  • 通常利用960円のLINE MUSIC(ラインミュージック)が最大で660円引き!使用料300円で2400万曲聴き放題!こちらもデータ消費無し!
  • 今ならデータ容量が3G*3ヶ月の合計9Gがついてくるキャンペーン中です!(LINEフリープランは適用外です)

-知識0から利用まで徹底サポート

Copyright© 得スマっ! , 2017 AllRights Reserved.