使用中のスマホを格安SIMで再利用

iPhoneは使えない?ソフトバンクのスマホを格安SIMで使う方法

更新日:

こんにちは!

今回は『ソフトバンクのスマホは格安SIMで使えないのか』という疑問にお答えしたいと思います!

ソフトバンクのスマホはドコモ、auと違い、SIMロックされたまま格安スマホを利用することが出来ません。

ソフトバンクのスマホは何故そのまま使えないのでしょうか。

格安SIM業者の99%はドコモ、auの回線をしている

格安SIM業者のほとんどが大手キャリアから回線を借りているのですが、ドコモ、auばかりでソフトバンクはほぼ存在しません

その理由の1つに、ソフトバンクの回線使用料がとても高いことがあげられます。

以前に比べ最近は少し安くなってきましたが、それでもau、ドコモと比べるとやはり高いという印象を受けます。

ソフトバンクの回線を使用している業者はないの?

ソフトバンクの回線を使用している格安スマホ業者はあります。

しかし、私の知る限り国内に3社しか存在しません

まず、ソフトバンクのグループ企業であるY!mobileです。

ヤフーとソフトバンクといえば、両社の役員である孫さんが有名なので関連企業だということをご存知の方も多いかと思いますが、ワイモバイルはソフトバンクの回線を利用しています。(ワイモバイルはソフトバンク以外の回線も使用しています。)

2つめはU-NEXTが運営しているU-mobileです。ワイモバイルから回線を借りている為、同じようにソフトバンクの回線を使用しています。

3つめは、飛騨高山ケーブルネットワークという会社が運営するHitスマホです。映画『君の名は。』の舞台にもなった、岐阜県の飛騨高山にあるローカルな会社なのですが、情報がほとんどないので詳しいことはわかりませんが、公式ホームページを見る限り確かに『Softbankエリア』の記載があります。展開している格安スマホのラインナップは僅か3種類というシンプルな構成となっているようです。

ソフトバンクのiPhone5sや6で格安スマホが使用できない理由

日本国内では総務省のお達しで、2015年5月よりSIMロックの解除が義務化されました。

これは簡単にいうと、

「端末にSIMロックをかけて消費者から選択の自由を奪うようなことはしないでね。」

ということです。端末にロックをかけられてしまうと、その端末は購入したキャリアでしか使用することができず、端末を使い続けるためにはその会社と契約し続けるしかありません。

国内の通信事業というのは、大手3社が利益を独占している状態で価格を釣り上げることも容易です。そのため業界の競争原理が働かないこともあり、総務省のメスが入ることになりました。

こういった業界の流れもあり、ドコモ、auは『SIMロックの解除しなくても使用が出来るように自分のところの回線を使用させる。』という選択をしました。

この先、格安スマホに契約者が流れてしまうことは明らかだったので、どうせ流れてしまうのであれば格安スマホ業者にSIMカードを利用させることで利益をあげようと考えたわけです。また、ドコモ、auとしてもデメリットばかりではなく、格安SIM業者にまとまった数の回線を契約してもらえるので集客にコストをかけることなく収益を安定させることができる等のメリットもありました。

その中で、最後までSIMカードの開放を堅く閉ざしていたのがソフトバンクでした。

ここでのポイントは回線は開放していたのにも関わらず、SIMカードは開放しなかったという点です。

『SIMロック解除の義務化』によってSIMロックを解除すれば、格安スマホ業者に乗り換えることが出来るようになりました。しかし、これは2015年5月以降に発売された端末に限った条件でした。

もちろんiPhoneも例外では無く、iPhone6s、iPhone7に関してはユーザが希望すればSIMロックを解除することができます。

しかし、義務化前のiPhone(5sや6)に関しては、SIMロックの解除ができません

キャリア側が決めたことなのか、アップル側が決めたことなのか、もしくは双方の同意の上なのか、どのような経緯でそういう方針が決定されたのかはわかりませんが、義務化前のiPhoneに限ってはSIMロックを解除することは現在もできません。

ソフトバンクの戦略としては、当時、最新端末であったiPhone6にSIMロックをかけ、格安スマホ会社に自社のSIMカードを流さないようにすることでユーザー離れを食い止めようとしていたのではないかと個人的には考えています。

そう考える理由として、NTTグループのOCN モバイル ONE は契約するとドコモのSIMカードが送られてきます。KDDIグループの運営するUQモバイルは契約するとauのSIMカードが送られてきます。しかしソフトバンクグループのY!mobileだけはソフトバンクのSIMが送られてくることは無く、Y!Mobile独自のSIMカードが送られてきます。

これはY!Mobileがソフトバンクの回線を使用しているものの、SIMカードは独自のものを使用しているからです。(Y!Mobileはソフトバンク以外にも複数の回線を組み合わせた独自の回線で運用されているため、他にはないメリットもあります。)

つまり、Y!Mobileはソフトバンクの端末を使用する場合にもソフトバンクのSIMカードでは無いため、SIMロックの解除が必要になってきます。

こういった理由もあり、今までソフトバンクのiPhone5sや6は何処の格安スマホでも利用することは出来ませんでした。

…が!

日本通信がソフトバンクエリアでのサービスを開始

2017年2月1日の公式ニュースで日本通信がソフトバンクSIMを利用したサービスの展開を発表しました。

今回の記事は、先日の記事の補足にソフトバンクユーザーの方のために書いたのですが、偶然タイムリーなニュースを発見したので調べてみました!

初心者でも大丈夫!格安スマホを契約する為の手順!

こんにちは! 今回は『初めて格安スマホや格安SIMを検討している方』へ向けて、格安スマホ会社の選び方や、契約する上での必要な準備や手順をお話します! 初めての乗り換えで 電話番号を引き継ぎたかったのに ...

続きを見る

公式サイトによると、現在のところサービスの開始は3月22日を予定しているようです。また、公式サイトに記載はありませんが本日(2017年2月3日)の決算発表会で、最初はデータSIMのみで、その後音声SIMでの展開を進めていくとの発表があったようです。

随分と前から、日本通信はソフトバンクに回線の開放を働きかけていたのですが、ソフトバンクはこの要望を拒否し続けてきました。その後、日本通信側が総務省へ申し立てを行い、今回ようやく合意に至ったようで、ソフトバンクの旧端末を利用予定の方には朗報かと思います!

しかし、データSIMが3月22日開始で、音声通話は開始日時未定なところをみると、ソフトバンク側から日付を遅らせるよう要請があったんじゃないかと邪推してしまいますが…

まだ料金プランや詳しいサービス内容も発表されていませんし、この辺の判断は難しいところですが、

「どうしても、ソフトバンクの旧端末をそのまま使いたい!」

という人以外は早いところ変えちゃったほうがお得なような気もします。

半年違うだけで端末買えちゃうくらいの価格の差が出てくると思うので(汗)

まとめ

以上で『ソフトバンクの端末を格安SIMで使う方法』となりますがいかがでしたでしょうか。

ザックリとまとめると

  • 新しい端末を持っている人はSIMロックの解除をして格安SIMを使う。
  • 旧型のiPhoneの人は日本通信のサービスが開始されるのを待つ、または古い端末は諦めて新しい端末で格安スマホを使用する。

このような感じでしょうか。

ソフトバンクの利用者の方は他のキャリアと比べると若干大変かもしれませんが、それでも格安SIMを利用できるメリットはとても大きいので一度検討してみてください♪

また、他の記事でも格安スマホや格安SIMに関するお得な運用方法など、沢山記事を書いているので、お時間があるかたは是非ご覧ください。

それでは、また!

得スマっ!おすすめ格安スマホランキング!

国内に無数にある格安スマホ業者の中から『信頼性料金品質』全てにおいてバランスが良い得スマっ!厳選のオススメ格安SIMランキングです!音声プランが050のIP電話ではなく、090/080の音声通話の利用ができるものだけを選びましたので、初心者の方でも安心してご利用できます!

 

第1位 Y!Mobile

音声通話付きの格安スマホでオススメなのがソフトバンクグループのY!Mobileです!

初めて格安スマホを利用する初心者の方にも、私が自信を持ってオススメできる会社です!

今ならオンラインからの申込で最大20,000円のキャッシュバックが付いてきますよー!

ただし、ソフトバンクの方はキャンペーン適用外なので、ソフトバンクからの乗り換えを検討している方には新規で申込むか別の格安スマホ会社の方が良いかもしれません(汗)

  • 音声通話付の料金プランは1,980円〜
  • 速度の中央値が下り43M、上り27Mと高速回線の利用が可能。
  • 090/080の音声通話10分以内の国内通話が回数無制限で利用可能。MNPもOK!
  • 1,000円のオプションでかけ放題も利用可能!(090/080のかけ放題が利用できる格安スマホはY!Mobileだけです!)
  • 今ならデータ容量2倍(2年間)1年間の使用料金1,000円割引合計12,000円
  • スマホプランSで10,000円スマホプランM,Lで20,000円のキャッシュバック付きです!
  • 学生なら家族2人目から月々更に500円引き1,480円(ワンシッパ)割引もあります!

第2位 UQモバイル

UQモバイル

UQ Mobileのオススメポイントはネットの通常モードと高速モードの使い分けが出来ることです!

SNS,ネット閲覧、音楽くらいなら『通常モード』送受信300Kデータ容量不使用(無制限)、動画やゲームを利用する場合『ターボモード』受信最大150M(2G〜)で利用できます。さらにターボモードの速度は格安SIMアワード2016の速度部門でFREETELを抑え1位を獲得しています。

個人的に特にオススメなのがSNS、ネット閲覧等の小さいデータ通信を頻繁に使用する方です。

現在、ぴったりプラン/たっぷりプランへ新規契約またはMNPで最大13ヶ月間、基本料金を1,000円割引のキャンペーン中です!

こちらはauの方は残念ながら対象外なのですが、ドコモ、ソフトバンクの方はオススメです!

  • 音声通話付の料金プランは1,980円〜
  • ターボモードでデータ通信のモードが切替可能!(速度300K・使い放題↔速度150M・2G〜)
  • 現在データ容量2倍のキャンペーン中です。
  • 4G LTE 800MHzプラチナバンド 人口カバー率99%なので繋がりやすさもバッチリです。
  • RBB TODAY 格安SIMアワード2016 速度部門第1位!
  • 「家電批評」格安SIM部門 ベストバイ・オブ・ザ・イヤー2016受賞!

3位 LINE Mobile

LINEアプリを沢山利用する方におすすめなのがラインモバイルです!

ライン、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム利用時にデータ容量を消費せずに利用できるので、SNSを沢山利用する方にとってはとっても魅力がありますよ!最近のSNSは以前と違い、画像や動画等データもりもりになってきているので、ヘビーユーザーの方で通信制限にひっかかっちゃった人もいるんじゃないでしょうか。

また、音楽好きな方には月額960円のLINE MUSIC(ラインミュージック)を大幅に安く利用できるプランも用意されていますよ!(なんと最大約70%OFF!)

アップル、アマゾン、グーグル、AWA等音楽聴き放題サービスは沢山ありますが、そのほぼ全てが月額980円または960円なので月額300円はとてもお得です。ちなみにこのサービスもデータ容量を消費しないので端末にダウンロードしなくてもOKです!

3月末日までコミュニケーションプラン、ミュージックプランの加入で3ヶ月✕3Gの合計9G分のデータ容量プレゼントキャンペーン中です!

  • 音声通話付きのプランは1,110円〜。
  • LINE、Twitter、Instagram、Facebookの利用がデータ消費無しで利用可能!
  • 通常利用960円のLINE MUSIC(ラインミュージック)が最大で660円引き!使用料300円で2400万曲聴き放題!こちらもデータ消費無し!
  • 今ならデータ容量が3G*3ヶ月の合計9Gがついてくるキャンペーン中です!(LINEフリープランは適用外です)

-使用中のスマホを格安SIMで再利用

Copyright© 得スマっ! , 2017 AllRights Reserved.