使用中のスマホを格安SIMで再利用

今使っているスマホを格安スマホで使用する時の注意点!

更新日:

格安スマホの契約を考えている方で、現在使用中のスマホ本体を格安スマホでも使いたいという方もいらっしゃるかと思います。

最近はスマホ本体の割引も中々できない時代になってきたので、出来れば端末代金を抑えたいですよね。

そこで今回は、『今使ってるスマホをそのまま格安SIMで使えるのか?』ということについてお話します。

今使用中のスマホ本体は格安スマホで利用できるものもあれば、利用できないものもあります。

本体を買わずにSIMカードのみを契約し、契約後に実は使えなかった場合、かなり高額の出費になってしまうのでご注意ください。

 

料金を節約する為に格安SIMに変えたのに、

「結局使用できなくて新しいスマホを買うはめになってしまった…」

なんて悲しいことにならないように気をつけましょう!

格安SIMで『そのまま使えるスマホ』と『そのまま使えないスマホ』では、どのような違いがあるのか?

初心者の方にもわかりやすいように画像つきで説明していきます!

 

 

あなたのスマホはどこの会社で契約したもの?

国内に流通しているスマホは、docomo(ドコモ)、SoftBank(ソフトバンク)、au(エーユー)など大手キャリアで契約されたものがほとんどです。

格安スマホで今使っているスマホが利用できるか、できないのかは何処のキャリアで契約されたスマホなのかがとても重要になってきます。

 

まず、結論からいうとドコモ、auで契約されたスマホに関しては、ほとんどの場合で利用できます。

一番注意しなければいけないのがソフトバンクで契約されたスマホになります。

 

 

同じiPhoneでも格安SIMが使えるものと使えない物がある

例えば、今発売されているiPhone7はドコモ、au、ソフトバンクから、それぞれ発売されています。

全く同じiPhone7ですが、さきほどお話したように契約した会社によっては格安スマホで利用できないこともあります。

「友だちがiPhone7を格安SIMで使ってるから、わたしもやってみよう」

と安易に契約してしまい、実は使えなかったとならないように注意しましょう。

繰り返しになってしまいますが、大事なのはスマホの種類ではなく、どこの会社で契約されたスマホなのかということです。

 

契約した会社によって格安スマホ、格安SIMが利用できない理由

実は格安スマホ、格安SIMの取り扱いをしている会社はドコモ、auなどから回線の一部を買い取りそれをユーザーに販売しています。

回線を借りて販売している業者のことを一般的にMVNOと呼びます。(画像の例ではmineoのことになります。)

そのため、ドコモから回線を間借りしている格安スマホの会社であればドコモで契約したスマホはそのまま使えますし、auの会社から間借りしている会社であればauで契約したスマホを使うことができるわけです。

つまり、今使っているスマホを格安SIMで利用するためには、契約しようとしている格安SIM業者が同一の回線を利用している必要があります。(格安SIM業者の使用回線についてはのちほどご紹介します!)

このように決められた回線でしか利用できないように、スマホ本体にロックをかけることをSIMロックといいます。

 

 

『SIMロック』を解除できるスマホがある

 

 

実は『SIMロック』を解除できるスマホがあります。

SIMロックを解除すると他の会社の回線でも利用できるようになります。

例えば、ソフトバンクで購入したiPhoneのSIMロックを解除すれば、ドコモやauの回線を使っている格安SIM業者でも使えるようになるわけです。

しかし、SIMロックの解除にはいくつか条件があり、ドコモ、au、ソフトバンクによって条件が異なります。

SIMロックの解除は手数料がかかるのでドコモ、auの方は無理にロックを解除する必要はありませんが、ソフトバンクの方は格安SIMを使用する場合必ず必要な手続きになります。

auのスマホをドコモの回線を使用している格安SIM業者で利用したい場合などはSIMロックの解除が必要になります。

 

docomo(ドコモ)でSIMロックを解除できるスマホ

2015年5月以降に発売されたドコモのスマホであればSIMロックの解除ができます。

2011年4月〜2015年2月に発売された端末であっても機種によってはSIMロックの解除が可能です。(こちらから確認できます。

 

au(エーユー)、SoftBank(ソフトバンク)でSIMロックを解除できるスマホ

2015年5月以降に発売された端末で、機種購入日から181日目以降であること。

 

auとソフトバンクの場合は2015年5月以降に発売されたスマホでなければSIMロックの解除はできません。

また、購入日から181日以降経過したものである必要があります。

『発売日』では無く『購入日』なのでご注意ください。

 

 

どこの格安SIM業者を選択したら良いの?

SIMロック解除されたスマホの場合

基本的にどこの格安SIM、格安スマホ業者でもお使いいただけます!

 

SIMロックの解除が出来ないソフトバンクのスマホの場合

今使っているスマホがSIMロックの解除条件に合わず、ロックの解除ができないという人も沢山いらっしゃるかと思います。

基本的にドコモ、auの方であればSIMロックを解除することなく格安スマホを利用できますが、ソフトバンクの方の場合とても困ります。

ソフトバンクでSIMロックが解除できないスマホをお使いの場合、格安スマホを契約するためには必ずスマホ本体を購入する必要があるからです。

格安スマホ業者は沢山ありますが、ソフトバンクから格安スマホに乗り換える場合、UQモバイルが圧倒的におすすめです。

詳しくはこちらの記事に書いてありますが、UQモバイルは端末の同時購入の割引がとても大きいからです。

ソフトバンクからMNPで格安スマホに乗り換え!絶対注意するべきこと

格安SIM、格安スマホの利用者が近頃とても増えてきましたが、ソフトバンクからのMNPを利用を予定している方に注意していただきたいことがあります。 ドコモ、auからの乗り換えと違い、ソフトバンクをご利用 ...

続きを見る

 

SIMロックされたドコモ、auのスマホの場合

対応した回線を使用している格安SIM、格安スマホ業者を選択することになります。

 

格安SIM、格安スマホ9社の利用可能な回線とおすすめの会社

比較として主要な格安SIM、格安スマホ業者9社から利用可能な回線とオススメの会社をご紹介します!

この中で、唯一SIMロックされた端末のみしか利用ができないのがワイモバイルとなります。

 

なぜワイモバイルはSIMロックを解除しないと利用できないのかというと、ワイモバイルはドコモ回線でもau回線でも無い、独自のワイモバイル回線を使用しているためです。

 

私のおすすめは以下の4社です。

格安SIM、格安スマホの中で唯一090/080の電話番号を利用したかけ放題が利用可能なY!Mobile(ワイモバイル)

端末のセット購入がとても安いUQ Mobile(UQモバイル)

音楽聴き放題のLINE MUSICが最大70%オフの月額300円で利用できる LINE Mobile(ラインモバイル)

他ユーザーとの交流でパケット代が節約できるmineo(マイネオ)

 

UQモバイルやワイモバイルはCMなどでもお馴染みですが、他の会社と比較して通話品質、無料サービス、速度、割引額などトータル面でかなりリードしています。

運営会社もワイモバイルはソフトバンクグループ、UQモバイルはKDDIグループが運営しています。

しかし、この2社をMNPで利用する場合、au→UQモバイル、ソフトバンク→ワイモバイルはおすすめしません。

なぜかというと同一グループ内でのMNPになってしまうのでユーザーが乗り換えるメリットが会社側に無いため割引を受けることができないからです。(新規契約の場合はこの限りではありません)

この2社に次いでおすすめなのが、LINEモバイルとmineoです。

LINE Mobileは音楽聴き放題サービスのLINEミュージックが月額たったの300円で聴き放題でさらにデータ容量を消費しないで利用できます。

また、LINEの音声通話もデータ容量を消費しないで利用できるので、どんなに通話をしてもデータ容量を圧迫しません。

mineoはユーザー同士でパケットをわけあえるので知り合いに利用者がいる人におすすめです。

 

SIMロックが解除されたスマホのみ利用可能の会社

Y!Mobile(ワイモバイル)

 

docomo(ドコモ)の回線が利用できる格安SIM、格安スマホの会社

LINEモバイル

nuro mobile

mineo(マイネオ)

楽天モバイル

DTI SIM

NifMo(ニフモ)

DMMモバイル

 

au(エーユー)の回線が利用できる格安SIM、格安スマホの会社

UQモバイル

mineo(マイネオ)

 

得スマっ!おすすめ格安スマホランキング!

国内に無数にある格安スマホ業者の中から『信頼性料金品質』全てにおいてバランスが良い得スマっ!厳選のオススメ格安SIMランキングです!音声プランが050のIP電話ではなく、090/080の音声通話の利用ができるものだけを選びましたので、初心者の方でも安心してご利用できます!

 

第1位 Y!Mobile

音声通話付きの格安スマホでオススメなのがソフトバンクグループのY!Mobileです!

初めて格安スマホを利用する初心者の方にも、私が自信を持ってオススメできる会社です!

今ならオンラインからの申込で最大20,000円のキャッシュバックが付いてきますよー!

ただし、ソフトバンクの方はキャンペーン適用外なので、ソフトバンクからの乗り換えを検討している方には新規で申込むか別の格安スマホ会社の方が良いかもしれません(汗)

  • 音声通話付の料金プランは1,980円〜
  • 速度の中央値が下り43M、上り27Mと高速回線の利用が可能。
  • 090/080の音声通話10分以内の国内通話が回数無制限で利用可能。MNPもOK!
  • 1,000円のオプションでかけ放題も利用可能!(090/080のかけ放題が利用できる格安スマホはY!Mobileだけです!)
  • 今ならデータ容量2倍(2年間)1年間の使用料金1,000円割引合計12,000円
  • スマホプランSで10,000円スマホプランM,Lで20,000円のキャッシュバック付きです!
  • 学生なら家族2人目から月々更に500円引き1,480円(ワンシッパ)割引もあります!

第2位 UQモバイル

UQ Mobileのオススメポイントはネットの通常モードと高速モードの使い分けが出来ることです!

SNS,ネット閲覧、音楽くらいなら『通常モード』送受信300Kデータ容量不使用(無制限)、動画やゲームを利用する場合『ターボモード』受信最大150M(2G〜)で利用できます。さらにターボモードの速度は格安SIMアワード2016の速度部門でFREETELを抑え1位を獲得しています。

個人的に特にオススメなのがSNS、ネット閲覧等の小さいデータ通信を頻繁に使用する方です。

現在、ぴったりプラン/たっぷりプランへ新規契約またはMNPで最大13ヶ月間、基本料金を1,000円割引のキャンペーン中です!

こちらはauの方は残念ながら対象外なのですが、ドコモ、ソフトバンクの方はオススメです!

  • 音声通話付の料金プランは1,980円〜
  • ターボモードでデータ通信のモードが切替可能!(速度300K・使い放題↔速度150M・2G〜)
  • 現在データ容量2倍のキャンペーン中です。
  • 4G LTE 800MHzプラチナバンド 人口カバー率99%なので繋がりやすさもバッチリです。
  • RBB TODAY 格安SIMアワード2016 速度部門第1位!
  • 「家電批評」格安SIM部門 ベストバイ・オブ・ザ・イヤー2016受賞!

3位 LINE Mobile

LINEアプリを沢山利用する方におすすめなのがラインモバイルです!

ライン、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム利用時にデータ容量を消費せずに利用できるので、SNSを沢山利用する方にとってはとっても魅力がありますよ!最近のSNSは以前と違い、画像や動画等データもりもりになってきているので、ヘビーユーザーの方で通信制限にひっかかっちゃった人もいるんじゃないでしょうか。

また、音楽好きな方には月額960円のLINE MUSIC(ラインミュージック)を大幅に安く利用できるプランも用意されていますよ!(なんと最大約70%OFF!)

アップル、アマゾン、グーグル、AWA等音楽聴き放題サービスは沢山ありますが、そのほぼ全てが月額980円または960円なので月額300円はとてもお得です。ちなみにこのサービスもデータ容量を消費しないので端末にダウンロードしなくてもOKです!

3月末日までコミュニケーションプラン、ミュージックプランの加入で3ヶ月✕3Gの合計9G分のデータ容量プレゼントキャンペーン中です!

  • 音声通話付きのプランは1,110円〜。
  • LINE、Twitter、Instagram、Facebookの利用がデータ消費無しで利用可能!
  • 通常利用960円のLINE MUSIC(ラインミュージック)が最大で660円引き!使用料300円で2400万曲聴き放題!こちらもデータ消費無し!
  • 今ならデータ容量が3G*3ヶ月の合計9Gがついてくるキャンペーン中です!(LINEフリープランは適用外です)

-使用中のスマホを格安SIMで再利用

Copyright© 得スマっ! , 2017 AllRights Reserved.