mineo(マイネオ)

【STEP 2】mineo(マイネオ)契約前にメリットとデメリット

更新日:

 

mineo(マイネオ)徹底解説まとめ!

第2回目は、『mineo(マイネオ)のメリットとデメリット』についてお話します!

このページではmineoを利用するメリットや、契約後に「こんなはずじゃなかった…」とならないために知っておいてほしいデメリットなどをお話します。

今回は第2回なので、最初から読みたいという方はこちらからご覧ください。

mineo(マイネオ)徹底解説超まとめ

このページはmineo(マイネオ)のメリットやデメリット、サービスの料金から特徴、お得に利用する方法などマイネオに関することのまとめページとなりますっ!   格安SIM、格安スマホが初めての ...

続きを見る

 

mineo

 

 

mineo(マイネオ)のメリット

mineoのメリット

docomo(ドコモ)、au(エーユー)の両方の回線が用意されているので、現在使用しているスマホが使える。

 2年縛りの違約金がないので、解約する時の負担がない。

 『フリータンク』機能やパケットシェアを利用することでデータ通信料をかなりお得に節約できる。

 公式が情報(ネットワークの増強情報)をオープンに公開しているので信頼できる

 LaLaCall(月額利用料100円)を利用すると、ひとつのスマホで電話番号を2つ(090/080と050)持てる。

 LaLaCallを利用することで通話料を大幅に安くすることができる。

 

SIMフリー化が出来ないdocomo、auのスマホが使える

通常の格安スマホ業者(MVNO)は、docomoまたはauの回線のどちらか片方を利用しているのがほとんどですが、mineo(マイネオ)は、他のMVNOと違いdocomo、au両方の回線を用意しているので、旧型のSIMロックがかかったスマホが利用できます。(iPhone5sやiPhone6など2015年4月以前に発売されたスマホ)

mineoではdocomo回線が利用できる(Dプラン)、au回線が利用できる(Aプラン)の2種類があるので、現在使用中のスマホを再利用する場合は、ドコモのスマホであればDプラン、auのスマホであればAプランを選択しましょう。

またソフトバンクの2015年4月以前に発売されたスマホに関しては、現在のところ(2017年2月22日)mineoに限らずどこの格安スマホ業者でも利用することができません。

SIMロックの解除ができるスマホ(iPhone6sやiPhone7など2015年5月以降に発売された端末)をご利用の場合は、SIMフリー化することでドコモ、ソフトバンク、au全ての端末が格安スマホで使うことができます。

SIMロックの解除ができないソフトバンクのスマホをご利用中の場合、スマホの本体を購入することになりますが、その場合はSTEP1でもお話したようにUQモバイルを利用するのが圧倒的に料金の節約になるのでおすすめです。

また、SIMフリー化した全ての端末が利用できるわけではないので、実際にご利用中の端末が使えるかどうかは下記のの利用可能端末からご確認ください。

とても小さくてわかりにくいですが画像の位置をクリックすれば確認ができます。

 

 

UQモバイルの記事はこちらから

【STEP 1】UQモバイル契約のメリット・デメリット

UQ Mobile(UQモバイル)徹底解説超まとめ!『【STEP 1】UQモバイル契約のメリット・デメリット』 このページではUQMobile(ユーキューモバイル)のメリットとデメリットについてお話し ...

続きを見る

 

mineo(マイネオ)はいつ解約しても違約金がかからない(2年縛りがない)

mineoは解約金が発生しないので、もしスマホが必要なくなったときは、どのタイミングで解約しても一切違約金がかかりません。

そのため、実際に利用期間が定かではない場合や、今後海外への引っ越しの可能性がある方などにも適しています。

しかし、一点だけ注意しなければいけないことがあります。

それは解約金がかかからない代わりに、利用1年以内のMNP転出手数料が高いということです。(mineoから他の会社へ番号を引き継いで移る場合)

契約から1年以内(12ヶ月)でMNP転出をする場合、MNP転出手数料として12,420円(税込み)かかるので注意しましょう。

契約から13ヶ月以降の場合のMNP転出手数料は2,160円(税込み)と、他の通信事業者よりも1,000円ほど安く利用できるうえに、2年縛りの半分の期間なのでそこまでのデメリットでは無いかと思います。

また、1年以内であっても電話番号を放棄する場合(MNPを利用しない)は、MNP転出手数料も一切かからないのでサブ端末などにはとてもおすすめです。

 

データ容量をシェアすることでデータ通信料金をかなり抑えられる

mineoにはデータ容量を他のユーザーとシェアしたりできるシステムがあります。

通常、シェアプランといえば家族内でのみシェアができるという内容ですが、mineoの場合知らないユーザーともパケットのシェアが出来ます。

『フリータンク』を利用したり、mineoユーザーが登録できる『マイネ王』での活動で月々のデータ容量を増やしていくことも可能です。

『フリータンク』と『マイネ王』についての詳しい内容は『【STEP3】 mineo(マイネオ)の独自サービスやオプション】』にてお話します。

 

mineo(マイネオ)公式が情報をオープンにしているので信頼性がある

mineoは日々のネットワークの状況や、設備増強のお知らせなどを積極的に公開しています。

【STEP1】で詳しくお話ししましたが、情報に関してかなりオープンでユーザーフレンドリーな会社です。。

mineo(マイネオ)のLaLa Callで通話料をお得に節約できる

mineoでは月額100円で利用できるLaLa Call(ララコール)というオプションがあります。

この、オプションを利用すると、1つのスマホに090/080と050の2つの電話番号を持つことができます。

音声通話とIP電話は通常のスマホでも利用できますが(LINEやスカイプなど)、LaLa Callの場合それ以上のメリットがあるので余程のことが無ければ加入をおすすめします。

詳しい内容については『フリータンク』、『マイネ王』と同様にSTEP3にてお話します。

 

 

mineo(マイネオ)のデメリット

mineoのデメリット

『かけ放題』のような通話し放題プランがない

解約金がかからない代わりに1年間はMNP転出手数料が高い

 

mineo(マイネオ)には通話し放題プランが無い

マイネオにはワイモバイルの『だれとでも定額』のような通話し放題プランが用意されていません。

しかし、かけ放題の利用は出来ませんが無料通話時間が月に30分または60分ついてくる『通話定額30/60』や、『LaLa Call』を利用することで困ることはほとんど無いです。

また、2017年3月1日より、5分以内の国内通話が無料になる『mineo 5分かけ放題』サービスがスタートします。

こちらはオプション料金が850円かかるので利用をよく検討する必要がありますが、ララコールだけでも十分に通話料の節約が可能です。

どうしても090/080を利用したかけ放題プランを利用したい場合は、今のところ利用できるのはワイモバイルのみなのでそちらを利用しましょう。

しかし、STEP1でお話しましたがソフトバンクの方にはおすすめできないので注意してください。

 

ワイモバイルの記事はこちら

Y!Mobile(ワイモバイル)を徹底的に安くお得に契約する方法!

今回は、私イチオシのY!Mobileのご紹介をします! 普通に利用するだけでもコスパの良いワイモバイルですが、Y!Mobile(ワイモバイル)はその他の格安SIMには無いお得な利用方法が沢山あります♪ ...

続きを見る

mineo(マイネオ)は解約金がかからないかわりにMNP転出料が高い

さきほどお話したようにmineoは1年以内のMNP転出料が高いです。

1年以内に他のキャリアへ移る予定がない人には関係ありませんし、サブ端末であれば1年以内であっても電話番号を放棄すれば済む話なのでそこまでのデメリットにはならないです。

まとめ

以上で『【STEP2】mineoのメリットとデメリット』となります。

続きは『【STEP3】mineoの独自サービスやオプション』についてお話します。

 

 

得スマっ!おすすめ格安スマホランキング!

国内に無数にある格安スマホ業者の中から『信頼性料金品質』全てにおいてバランスが良い得スマっ!厳選のオススメ格安SIMランキングです!音声プランが050のIP電話ではなく、090/080の音声通話の利用ができるものだけを選びましたので、初心者の方でも安心してご利用できます!

 

第1位 Y!Mobile

音声通話付きの格安スマホでオススメなのがソフトバンクグループのY!Mobileです!

初めて格安スマホを利用する初心者の方にも、私が自信を持ってオススメできる会社です!

今ならオンラインからの申込で最大20,000円のキャッシュバックが付いてきますよー!

ただし、ソフトバンクの方はキャンペーン適用外なので、ソフトバンクからの乗り換えを検討している方には新規で申込むか別の格安スマホ会社の方が良いかもしれません(汗)

  • 音声通話付の料金プランは1,980円〜
  • 速度の中央値が下り43M、上り27Mと高速回線の利用が可能。
  • 090/080の音声通話10分以内の国内通話が回数無制限で利用可能。MNPもOK!
  • 1,000円のオプションでかけ放題も利用可能!(090/080のかけ放題が利用できる格安スマホはY!Mobileだけです!)
  • 今ならデータ容量2倍(2年間)1年間の使用料金1,000円割引合計12,000円
  • スマホプランSで10,000円スマホプランM,Lで20,000円のキャッシュバック付きです!
  • 学生なら家族2人目から月々更に500円引き1,480円(ワンシッパ)割引もあります!

第2位 UQモバイル

UQモバイル

UQ Mobileのオススメポイントはネットの通常モードと高速モードの使い分けが出来ることです!

SNS,ネット閲覧、音楽くらいなら『通常モード』送受信300Kデータ容量不使用(無制限)、動画やゲームを利用する場合『ターボモード』受信最大150M(2G〜)で利用できます。さらにターボモードの速度は格安SIMアワード2016の速度部門でFREETELを抑え1位を獲得しています。

個人的に特にオススメなのがSNS、ネット閲覧等の小さいデータ通信を頻繁に使用する方です。

現在、ぴったりプラン/たっぷりプランへ新規契約またはMNPで最大13ヶ月間、基本料金を1,000円割引のキャンペーン中です!

こちらはauの方は残念ながら対象外なのですが、ドコモ、ソフトバンクの方はオススメです!

  • 音声通話付の料金プランは1,980円〜
  • ターボモードでデータ通信のモードが切替可能!(速度300K・使い放題↔速度150M・2G〜)
  • 現在データ容量2倍のキャンペーン中です。
  • 4G LTE 800MHzプラチナバンド 人口カバー率99%なので繋がりやすさもバッチリです。
  • RBB TODAY 格安SIMアワード2016 速度部門第1位!
  • 「家電批評」格安SIM部門 ベストバイ・オブ・ザ・イヤー2016受賞!

3位 LINE Mobile

LINEアプリを沢山利用する方におすすめなのがラインモバイルです!

ライン、ツイッター、フェイスブック、インスタグラム利用時にデータ容量を消費せずに利用できるので、SNSを沢山利用する方にとってはとっても魅力がありますよ!最近のSNSは以前と違い、画像や動画等データもりもりになってきているので、ヘビーユーザーの方で通信制限にひっかかっちゃった人もいるんじゃないでしょうか。

また、音楽好きな方には月額960円のLINE MUSIC(ラインミュージック)を大幅に安く利用できるプランも用意されていますよ!(なんと最大約70%OFF!)

アップル、アマゾン、グーグル、AWA等音楽聴き放題サービスは沢山ありますが、そのほぼ全てが月額980円または960円なので月額300円はとてもお得です。ちなみにこのサービスもデータ容量を消費しないので端末にダウンロードしなくてもOKです!

3月末日までコミュニケーションプラン、ミュージックプランの加入で3ヶ月✕3Gの合計9G分のデータ容量プレゼントキャンペーン中です!

  • 音声通話付きのプランは1,110円〜。
  • LINE、Twitter、Instagram、Facebookの利用がデータ消費無しで利用可能!
  • 通常利用960円のLINE MUSIC(ラインミュージック)が最大で660円引き!使用料300円で2400万曲聴き放題!こちらもデータ消費無し!
  • 今ならデータ容量が3G*3ヶ月の合計9Gがついてくるキャンペーン中です!(LINEフリープランは適用外です)

-mineo(マイネオ)

Copyright© 得スマっ! , 2017 AllRights Reserved.